2012年11月25日

少年の家

*少年の家について

平成23年3月11日の東日本大震災直後、ロージーベルでは、家庭裁判所からの依頼を受け、親元に帰れなくなった少年(のべ4名)を受け入れました。
現在、少年の家(ロージーハウス)は、仙台保護観察所の自立準備ホームならびに仙台家庭裁判所の補導委託先として登録を行い、常時2〜3名の少年を受け入れて、更生に向けた生活援助を行っています。

少年の家には、施設長(当法人理事長)と寮母が常勤しているほか、ボアンティアや当法人役員が交代で、少年達の身の回りの世話や学習支援、相談などを行っています。できるだけ家庭的な雰囲気と手作りの食事を心がけ、少年たちが安心して生活し、胸を張って自立していけるようにとの願いを込めて、日々の援助を行っています。

少年の家でのボアンティア登録、お米など保存が利く食品ならびに生活用品等の寄付を、常時受け付けております。
連絡先は、事務局 info@rosybell.jp または022-714-6153(アネスティ法律事務所内)までお願いします。
皆様のご理解と温かいご支援をお待ちしております。 

rs.png
posted by rosybell at 21:00| 基本情報